通信制高校の授業傾向

通信制高校の授業の傾向

通信制高校の授業傾向とスタイル

授業内容は、高校のカリキュラムに専門的な授業を取り入れるなど、年々多様化している傾向にあります。イラストやIT、ネイル、芸術、コメディアンや俳優等、さまざまな分野にコースを広げています。また、高等専修学校との連携を実施している学校もあります。高等専修学校で得た単位を、通信制高校でも利用できるというものです。高等専修学校で習得した専門的な知識と、高校の卒業資格が、就職に有利になる場合もあります。通信制高校は、以前は通学スタイルが定められているところも多かったですが、現在は、月に1、2回や一週間に1回など、自由に選べるところも増えているようです。

近年推奨される授業傾向

時代によって学生の傾向は変化します。当然ながら学生に沿って授業の仕方も変化しなければ、学力は上がりません。その為、最近の授業は、今までのティーチングからコーチングへと、又この二つを合わせて行っているところが増えてきました。いわゆるティーチングとは、講義によって学生に学ばせることで、コーチングとは実際にやらせながら、どこが悪くてどうしたらより良くなるのかを教えていくことです。こう考えると、近年は想像力が欠如してきていると考えても良いでしょうが、それらを含めて学力を向上させてあげることが教えることでもあります。

↑PAGE TOP