通信制高校年齢不問

30代でも通信制高校で授業を

通信制高校は大学の近道です。

高校卒の資格は大事です。高校卒でなければ取れない資格もありますし、就職でも、高卒以上の制約はあります。何よりも、大学受験ができないので、さらに、上級の資格は取得が困難です。医師や歯科医師になるためには、医科歯科大学に進まなければなれません。大学入学には高校卒業の資格が必要になります。そして、なんといっても、自分自身に自身がつきます。通信制高校だけに、自分から積極的に勉強しなければ、単位が取れませんし、単位が取れなければ卒業できません。通信制ですから学生の年齢にバラつきがあり、30代の学生も多くいます。回りを気にせず、同じような環境の学友もいます。通信制高校でも登校して授業を受けることがあります。その場で級友もできます。

30代からの資格取得

30代になってるから、転職を考える人は意外と多いです。というのも、やはり20代ではひたすら働いてきたものが、30代になってから会社に評価されるようになる年齢です。ところが多くの業種で今は評価が若い頃と変わらない、つまり昇給しないといった不満を抱く人が増えているからです。そこで安定的な高収入などを目指して、資格取得を考える人も多いのです。そういった目的のために再進学したり、資格予備校に通ったりして、授業を受けてみると、実際、年齢的な衰えを感じることがあるはずです。若い頃のように勉強することは難しいので、授業についていくためには、若い時以上に予習や復習をしたり、じっくり時間をかける必要があることを覚悟しなければならないでしょう。

↑PAGE TOP